本文へスキップ

トップページ >> 函館方面留置施設視察委員会

TEL. 0138-31-0110

〒040-8511 函館市五稜郭町15番5号

函館方面留置施設視察委員会

委員会設置の趣旨

 平成19年6月1日施行の「刑事収容施設及び被収容者等の処遇に関する法律」に基づき、留置施設運営の透明性を高め、被留置者の適正な処遇を確保するため部外の第三者からなる機関として、「函館方面留置施設視察委員会」が北海道警察函館方面本部に設置されました。

委員会の設置日

 平成19年6月1日

委員会の組織

 委員会は、北海道函館方面公安委員会から任命を受けた法曹関係者、医療関係者、地域の代表の3 名で構成されています。なお、委員は非常勤の地方公務員であり、その任期は1 年です。

委員会の任務

 函館方面の各留置施設を視察し、その運営に関し、留置業務管理者(警察署長等)に意見を述べます。

委員会の意見などの公表

 北海道警察函館方面本部長は、毎年、委員会の意見及びこれを受けて留置業務管理者が講じた措置の内容を取りまとめ、その概要を公表します。

視察委員会の活動状況及び今後の予定

  •  平成31年2月21日、平成30年度第2回会議を開催し、留置業務管理者に述べる意見を決定しました。
  •  平成31年4月、平成30年度の委員会意見を留置業務管理者に通知しました。
  •  令和元年6月26日、令和元年度第1回会議を開催し、年間活動計画等を策定しました。
  •  令和元年8月、函館方面全警察署(9署)の留置施設を視察しました。

※ 令和2年2月、令和元年度第2回会議を開催し、各警察署留置業務管理者に述べる意見を決定する予定です。

委員会からの意見と留置業務管理者が講じている措置(平成29度)

  意見 措置
 加湿器を複数台設置することを検討してほしい。(9施設)  2警察署については加湿器を複数台設置しております。
 7警察署に対して加湿器を複数台設置できるよう予算措置等を関係部署に要請中です。
 通路暖房の塗装補修を検討してほしい。(1施設)  塗装補修を完了しております。
 浴室照明が暗いので、明るくすることを検討してほしい。(1施設)  電球色を白色光に変更しております。

バナースペース

北海道警察函館方面本部

〒040-8511
函館市五稜郭町15番5号

TEL 0138-31-0110