交通安全についてのお願い
 
  厳しかった夏の日差しもすっかりやわらぎ、朝夕に吹く心地良い風に秋の気配を感じる季節となりました。
 日没が早まるこれからの季節は、夕暮れ時間帯から夜間にかけて高齢歩行者や自転車利用者が被害となる交通事故の発生が懸念されます。
 北海道警察では、9月21日(金)から30日(日)までの10日間、「秋の全国交通安全運動」を実施いたします。

 運動の重点は
  〇 子供と高齢者の安全な通行の確保と高齢運転者の交通事故防止
  〇 夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止
  〇 全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
  〇 飲酒運転の根絶
  〇 スピードダウン
の5点となっております。 
 ドライバーの皆さんは、夕方から夜間にかけて、歩行者や自転車の見落としや発見の遅れによる交通事故を防ぐために、対向車や前車がいない時はライトをハイビームに切り替え、特に、右方からの横断歩行者に注意するようお願いいたします。
 また、歩行者の皆さんは、外出する際には明るい服装や反射材を身につけ、道路を横断する際には左右をよく確認し、道路の中央では再度左方を確認するなど、十分な安全確認をお願いいたします。
 警察と致しましても、悲惨な交通事故を1件でも減らすため、関係機関の方々と連携した各種啓発活動や、飲酒運転などの悪質・危険な違反の取締りを強化して参りますので、皆様方におかれましても、引き続き地域や職域、ご家庭におきまして、交通安全に格別のご配慮を賜りますようお願い申し上げます。

             平成30年9月1日               
         北海道警察函館方面本部長                      
            荒 瀬 伸 郎