ドライバーを対象とした 安全運転教育について
 道内の自動車教習所では、運転免許を持っているが運転に自信のない、いわゆるペーパードライバーの方、更なる安全運転のレベルアップを図りたい方、または、高齢により身体機能が低下をしていると思われる方等様々なニーズにあわせた安全運転教育を実施しています。
これら安全運転教育は、道路交通法第108条の32の2に基づき、公安委員会から認定を受けた各自動車教習所が有料で行っている「運転免許取得者教育」制度です。
 交通事故防止のため、是非、多くの皆様が受講することをお勧めします。

安全運転教育の種類
(1) ペーパードライバー教育(大型・普通・二輪)
二輪車・普通車等の運転経験が少ない方に対して、安全運転に必要な座学や運転技能等を行い、運転に自信がない方も自信を持って運転できるように指導を行うものです。
(2) 高齢運転者教育
 高齢運転者を対象に、高齢運転者に見られる、身体機能の特徴を運転適性検査や運転技能により適正に判断し、運転に必要な操作を的確にできるように指導を行うものです。
 また、同教育には運転免許の更新申請の前6ヶ月以内にこの講習を終了した方は、運転免許更新手続時の高齢者講習受講が免除される講習もあります。
(3) プロドライバー教育
プロドライバーに対し、安全運転に必要な知識や運転実技を身につけるため座学・運転技能を行い、運転者としての資質向上を図るために行う教育です。
(4) その他
上記の各教育のほか、「冬道など地域の特性に合わせた教育」「更新時講習同等教育」「自動二輪車の二人乗り運転(高速道路等)に関する教育」もあります。
詳細なご案内について
講習内容・時間・料金等は、各教習所によって異なりますので、詳細については、直接教習所にお問い合わせ下さい。
運免課トップへ