〜記載事項変更について〜

本籍、住所、氏名が変わった場合は速やかに届出してください。
運転免許証の記載事項を変更しないと『更新連絡書』が届かないことがあります。
 
 受付日時
 月曜日から金曜日の平日
   8:45〜16:45
 土曜、日曜、祝日、振替休日及び年末年始(12月29日から翌年1月3日)は受付していません。日曜窓口においても取り扱いません。
 
 必要なもの
本籍・氏名変更の場合
 運転免許証
 住民票(本籍が記載されたもが必要です。発行後6か月以内のものをお願いします。)
 
住所変更の場合
 運転免許証
 新住所を確認できる書類
 例) 住民票、健康保険証、新住所に届いた本人宛の郵便物、公共料金の領収書など、
   いずれか1種類
 手数料はかかりません。
 代理人による届出も可能です。ただし、次の条件を満たしていることが必要です。
○ 同居の親族で、運転免許証、住民票等により本人と同居していること及び親族であることが確認できること
○ 同居の親族以外の場合は委任状があり、かつ運転免許証等で委任された方と確認できること
 住所地を管轄する警察署の交通窓口及び一部の指定交番、駐在所でも変更できます。
 注: IC免許の記載事項を変更する場合、交番・駐在所ではICチップの内容変更ができないため、後日(概ね1か月経過後)各警察署又は運転免許試験場に赴いてICチップの内容を変更する必要があります。直接管轄の警察署又は運転免許試験場で手続きすることをお勧めします。
 市町村合併に伴う本籍又は住所の変更は、原則、免許の更新時に行います。この場合住民票等の証明書類は必要ありません。